スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやじの味、ありますか?(父親が作ってくれた、思い出の味) 

おやじの味、ありますか

開いてくださり、ありがとうございます。
お付き合い頂けたら嬉しいです。

「おふくろの味」は、よく話題にのぼるように思いますが、
皆さまには、どんな「おやじの味」がありますか?

私の場合は、
父の作ったチャーハンと焼きソバです。
母が体調を崩した週末の夜などに、時折作ってくれました。
普段は一切台所に立たない父なので、
父が料理をしている、というだけで、
幼い私は、なにかすごく特別なものを感じていました。
繊細な味つけ、丁寧な盛り付け、などということはなく、
料理をしない一人暮らしの男子大学生が突然作ったような、
ジャンクなかんじでしたが、
それはそれで美味しく、
今となっては懐かしく、父の、母や子どもたちへの不器用な愛情を感じます。

皆さんの「おやじの味」、教えていただけたら嬉しいです。



1.てふ 2012年3月19日 11:16
袋ラーメンですが

今は亡き父も、普段は台所に立たない人でしたが、ごくまれにつくってくれたのが「袋ラーメンに大量のもやしを入れたもの」でした。
味噌ラーメンが多かったですね。

ジャンクだし、不慣れだからか麺がノビちゃってるし、もやし入れすぎで味が薄まっているんですが、なつかしの味です。



2.一人娘 2012年3月19日 13:07
あるある!

父は定年後、毎日お昼を作っていました。
焼きそばかラーメンかチャーハンが多かったけど、時々お蕎麦も。

私は当時勤めていたので、たまの休日くらいしか食べなかったけれど、具だくさんで結構美味しかったんですよね。

そんな父も亡くなって早4年。あの味が懐かしいです。



3.野うさぎ 2012年3月19日 13:38
すき焼きです

普段は料理なんてした事の無い父が、何故かすき焼きだけは仕切ってました

アレはどうしてなんでしょうね?

すき焼きが「御馳走」の時代だったから?(笑)



4.ミルキー 2012年3月19日 18:55
卵のぽろぽろ

母が出産で祖母が付き添いで病院に行っていた間、私と妹と父と祖父でお留守番。

祖父がご飯を炊いて、父が卵をスクランブルエッグを作って・・・・・
いいえ、火を通し過ぎて、本当に卵のぽろぽろ。それに、ケチャップをかけて食べていました。

美味しかった記憶はないけど、懐かしい味です。



5.たけのこご飯 2012年3月19日 19:39
あります

母が社内旅行や入院でいない時、必ず朝ごはんにでていたのが、コンビーフを炒めて卵でとじたものです。

とっても簡単ですが、私の父の味です。



6.おやじタイコ 2012年3月19日 22:57
父のカレー

私は、飲んだぐれ父に育てられました。

私が物心付いたときから、父と二人暮しでした
母は私を産んで半年後に病死したそうです。

私の、おやじの味は「カレーライス」
父は酒好きで、酔って、良くカレーライスを作ってくれました
ジャガイモは皮が付いたまま、小麦粉が多くて、団子の様なカレーライス
でも、ひもじかった私には御馳走でした。

母の仏壇の前で、良く、泣いていた父
さぞや、私を抱えて、これからの人生、途方に暮れたでしょう父の姿を
思い浮かべると、居た堪れない気持ちになります
お父さんのカレー、世界一、美味しかったよ!



7.imagine 2012年3月19日 23:48
バーベキュー

今から40年近く前、私が小学生時代のことですが、年に数回自宅の庭でバーベキューをやりました。
でも今思えば七輪を庭に出して、網の上で鶏肉や豚肉を焼いていたので、近年のアメリカンチックなバーベキューとはほど遠いですね(笑)

その時の仕切りが父でした。
庭に即席のランプを吊してゴザを敷き、炭を熾して肉を焼く。

非日常な場であったため美味しかった記憶があります。
うっすら焦げ臭いすすっぽいのも含めて、オヤジの味として心に残っています。



8.鮭のおむすびが好き 2012年3月20日 1:45
味噌をまぶした握り飯

あまり豊かではない田舎育ちの父が子供達に唯一作ってくれたのは、味噌をまぶした握り飯。

武骨に大きな握り飯に味噌を塗りつけたもの。
きっと父はお腹を空かせたときにそれを食べてきたのだろう。

しょっぱくてたいして美味しいとは思わなかったけど、今となっては懐かしい味です。



9.mai 2012年3月20日 6:28
たまねぎ、にんにく、おにぎり

たまねぎ
→薄皮だけむいて丸ごとレンチン。ケチャップでいただく。

にんにく
→薄皮だけむいて丸ごとレンチン。塩でいただく。

おにぎり
→塩も何もつけない本当にご飯を握っただけ。
 母が入院したときだされたのですが、お母さんのお握りがいい!と
 泣きました。多分父はおにぎりの作り方知らなかったんだな・・・



10.カステラ巻き 2012年3月20日 10:02
たまご焼きとシチュー

心臓に持病のある母は昔よく入院していたのですが、
そんな時父は頑張って台所に立ってくれました。

ハムの角切りとネギの入った、不格好なたまご焼き。
ところどころ焦げの黒い点々が入って、ジャガイモが煮溶けたシチュー。

見た目はアレですがすごく美味しく思えて、幼い私と弟は喜んで食べていました。
それが嬉しかったのか、私達が成人してからもたまに作ってくれて。

あることがきっかけで、私は父と数年まともに口をきいていません。
今思えば大したことじゃないし、当時父は誠心誠意謝ってくれたけど・・・
何となく引っ込みがつかなくなって、たまに実家に行っても挨拶くらいしかしなくなっていました。
父が寂しそうにしているのを知ってるのに。

でも、このトピを読んでいたら「お父さんと話したい」と素直に思えました。
さっき実家に電話して両親を食事に誘ったら、母がメールで
「お父さん、俺も行っていいのかってびっくりしてたよ(笑)」と。

今日は春分の日。父と私にとっても、雪解けの日になるといいな。
あ~何だか緊張してきた!



11.こよ 2012年3月20日 15:24
ハンバーグ

私の父は昔、シェフでした。
と言ってもオシャレなお店ではなく、ハイカラな町の洋食屋さんでした。
お店の定休日の月曜日夕食にハンバーグを鉄板で作ってくれました。

とてもおいしかったです。
大人になった今、あの味を再現しようにも、なかなかうまく作れません。



12.匿名 2012年3月20日 18:36
年越し蕎麦

何故か年越し蕎麦だけは父が作ってくれました。
美味しかったのは確かですが、どこぞのラーメン屋みたいに
しゃべるな!すぐ食べろ!うまいだろう!って強面で怒られながら
食べたことが思い出深いです。



13.わがまま娘 2012年3月20日 19:02
フレンチトースト

日曜の朝のフレンチトースト。甘くて美味しかったです。

後は、真夏にパンツ一丁で天ぷらをあげてるんですうちの父。はじける油に「あつっ!あつっ!」って。。。服を着て下さいな。夏の風物詩でした。



14.小雪 2012年3月20日 20:45
素敵なトピに感謝

中学の遠足の時、母が法事のため不在で、父がおにぎりを作ってくれました。
大きさも不揃いだったけど嬉しかったなぁ。

なんだかなぁ…っていうトピが多い中、ホッコリ出来るトピに出会えて、主さまに感謝です。



15.関西人 2012年3月20日 20:49
タコ焼き

関西人です。タコ焼きを作るのは父の役目でした。配合やひっくり返すタイミングにかなりコダワリがありました。美味しかったなぁ。



16.うさぎさん 2012年3月20日 22:32
ありまぁす

チャーハンとオムライスです。男の料理って感じの雑さが結構好きでした。

今では、うちの娘達にも作ってくれてます。



17.波打ち際 2012年3月21日 6:15
ありますよ

コロッケです。
母の作るものより美味しいです。



18.プリプリン 2012年3月21日 8:14
玉子焼きとすきやき

父の作る甘い玉子焼きが大好きです。

あとは砂糖を大量に投入するすきやき。
煮込んでる途中でスプーンいっぱいの黒糖を振りかけるんです。

砂糖の量が半端ないんですが、お子ちゃま味が好きな私は甘くてお菓子みたいで大好きでした。
また作ってくれないかなぁ。

ちなみに父は金沢出身です。



19.emi 2012年3月21日 9:28
普段から

まったく料理をしない父親です(笑)

その父の得意(?)料理といえばバター乗せご飯ですね。
醤油をちょっと垂らして食べます。

うまいから食べろ、って子供の頃はよく食べさせられました。
まあ、実際おいしいですけどね。

北海道出身の父親のたった一つのおやじの味です。



20.平々凡々 2012年3月21日 10:21
一度だけでしたがーーー。

・海水浴に行こうとなった時、私がふざけて言いました。

・「なら、でっかいおにぎり作ってよ。」

・父親は笑いながら、「よーし。」と言いながら、茶碗3杯分ほどのご飯で握り飯をこさえました。

・片手では持てないぐらいの大きさ。私は、久々に大笑いしながら、そのでか握りにかぶりつきました。

・海岸にいた周囲の家族連れが、一様に笑っていました。

・今から40年程前、心がキュンとする思い出です。(涙



21.にーにゃん 2012年3月21日 11:00
カップヌードル

母がすごい手作り志向の人だったので いわゆるジャンクフードはほとんど食べさせてもらえませんでした。

でも たまーーーーーに母が用事でいない時、父がこっそりと「今日は母さんいないから あれ食べないか?」と カップヌードルをいそいそと買って食べたのが 父の味かなぁ?でも すごくうれしかったんです。おかげで今も たまにこういうのを食べると父を思い出します。

あとはお好み焼き、たこ焼き。
父が関西人だったので 当然のように家にたこ焼き器がありました。
でも 実際父が作ってくれたのは最初の1~2回のみで その後は私と姉に指示を出し作らせるようになってしまったのですが。
まぁ、父の指導のもと作ってたからこれも父の味かな?



22.yuki 2012年3月21日 12:19
ツナオムレツ

マヨネーズとお醤油少々で味付けしたツナを、卵で包んだ『ツナオムレツ』が父の味です。母がいない日などに、作ってくれました。

両親と大喧嘩して部屋に閉じこもり、ほとんど何も食べずに数日過ごした後、ふらふらと出てきた時も、作ってくれたっけなぁ・・。何も言わずに。

なんだか・・息子に作ってあげたくなりました!



23.くー 2012年3月21日 15:48
ケチャップライス

母がいないときはいつもケチャップライスを作ってくれました。
具はその時冷蔵庫にあるものと、塩こしょう、ケチャップで出来上がり!
簡単なので子供のころは自分でもよく作りました。
懐かしいなぁ。
このトピ見るまで忘れてました。



24.くー 2012年3月21日 21:57
トピ主様、ありがとう!

みんなのおやじの味を読んでたら、なんか胸がジーンと来ました。
下手したら泣きそうです(笑
おやじの味、いいですね。
そういえば、コマーシャルもありましたね!
結婚する娘が父親に「あの料理作って!」お願いするやつ!
やばい!ほんと泣きそうです!



25.千寿 2012年3月22日 19:20
おにぎりと野菜炒め

夕飯が終わって少しだけ残ったご飯で、よくおにぎりを作ってくれました。男の手で握ったおにぎりだから、きっちり握られてて。塩をよく利かせてあって、おいしかったなあ・・。
お腹がいっぱいでも、父のおにぎりは「別腹」でした。
野菜炒めもどうってことはなくて、塩コショウしたあと、ウスターソースで味付けするだけだったんだけど、弟と取り合いしながら食べてたっけ。

父が亡くなる前、弟と「もう一回お父さんの作った野菜炒め食べたかったな・・」と話したことを思い出しました。
もう10年も前に亡くなった父の思い出の味。
今でも忘れられない味です。



もう一回食べたいな、お父さん。



26.かなみ 2012年3月22日 22:02
フライパンで作るラーメン

鍋でなく、フライパンにお湯を沸かし、よくインスタントのラーメンを作ってくれました。

母が作る時は、卵を割りいれてスープの素を入れて…と至ってシンプル。

父の時は、卵やハム、ネギが山盛り。それに胡椒がきいていておいしかった!
男の人が作る豪快さがあって。


懐かしいな…。
もう亡くなって10年経ちました。

たまに、同じように作るけど、たかがインスタントなのに全然違うんですよね。
あのおいしさは出せません。



27.しわわん 2012年3月22日 22:32
楽しいトピですね

我が父の味、色々ありますが、
特にレアチーズケーキは美味しかったです。

母もケーキを手作りしてくれましたが、
健康を考えて砂糖、油分を目一杯控えるのに対し、
父はたっぷり投入するので、子どものころ、
たまの父のケーキはとても楽しみでした。



28.スラク 2012年3月22日 22:32
激甘卵焼きと爆弾おにぎり

不器用な父が唯一作れるのが卵焼きでした。さとうを沢山入れるので、焦げて真っ黒だしおにぎりはソフトボール位でかくてしょっぱいし…でも何故か美味しかったです。



29.小熊猫 2012年3月23日 10:12
お好み焼きとすき焼き

いいトピですね。

料理は殆どしない父ですが、お好み焼きとすき焼きは調理担当です。
大阪出身ですので、大阪式で作ってくれます。すき焼きは醤油多め。
肉が食べ頃になると「よしかかれ!」の号令で一斉にいただきます。



30.マカロン 2012年3月28日 20:18
甘酒

父親が作る甘酒が ホントに、大好きでした。

酒粕も何種類かブレンド?して、刻みショウガたっぷり。
けっこうドロドロしてるんですが、絶妙な塩加減。
私が一人暮らししてた時も、冬になると 月イチペースで、
甘酒をワインの空き瓶に 入れ替えて、車で3時間かけて届けてくれました。

そして、父親が癌で入院中、たった1日の外泊の時も、遠方か
ら来た私のために、わざわざ甘酒を作って待っててくれてた事も…。
父親は3年前に亡くなりましたが、以来、私は 父親以外が
作った甘酒が飲めなくなってしまいました。

冬になるとデパートの食料品売り場で酒粕を見ると 無条件で父親を思い出します。
素敵なトピをありがとう☆☆



31.てんてん 2012年4月25日 8:54
久しぶりに

父の作ってくれた思い出の品は、モソモソした高菜炒飯と、若干のびたラーメンです。美味しくはなかったけど、お父さんが作ってくれるだけで、嬉しかった覚えがあります。

もうずいぶん食べてはいませんが、今は偶然にも主人が同じ高菜炒飯を同じようなモソモソした感じで時々作ってくれます。



関連記事

コメント

    ただしがないくらいの長さだと思います。そこのステップあなたの人生の良いパンという 'Amoud' それは経験の自己がホバリングすることができます。とてもすてきなジム 'スポーツ広場' 関与この島はまた。人気があるすべてのペニーを自分のサイトからこの建物は、その価値があるまで 'ハマム' 完全に訪れた。ほとんどの場合、ハマムは、惜しまれつつとしてではなく経験です。これら完全ロード半伝統的なハマムを出席するためにアドバイスをします。ハマムの観光客に提供して多くの作業日は働く個人モロッコ、ハマムへ旅行をするだろうという事実のような実際に上流階級の有機食品製品、非常に標準的なトルコ式バスではなくアドバイスをかもしれない、それは理由として快適、そうでないかもしれない比較的衛生、中流階級のハマムは、オプションをすることができますしかしそれはやっと約 50DH ($5。
    chanel 財布 http://www.twentymillionmore.org/
  • 846.chanel 財布
  • 2013/12/02 06:45

    </span>。若いクチュール担当者のサイトと通知アウトレットと同様休日のウェブサイトにそれらの範囲の合理的なアイデアについてのアクセサリーと相まって流行の服を表示するモデルを完全に新たなトレンドの画像を表示します。
    tumi カバン http://www.gherardinitumi.eu
  • 847.tumi カバン
  • 2013/12/02 06:45

    企業の豊富な現金を支出している場合は、絶対に自然に彼らが何を望むことではないですか?Ace トートバッグ du jour の事実にもかかわらず確かになりますのであっけに上加盟ほこり右端だけでクローゼットの中にいくつかのブロックの種類になります、打撃保証典型的なまだ穏やかな、孤独は、必要に応じて頻繁に具体化を実行できるようにします。継続的にアイテムを追加するラインナップのため 20 世紀中も伸びを続けた。その香水だけだった 1951 年に、利用可能な古い、数十年エルメスがテレ D'Hermes、ヒリス ・ ルージュ エルメスのような香水を作成年および年の終わる国連ジャルダン ・ シュル ・ ルは Nil です。
    バーバリーアウトレット店舗 http://www.fmcemployeerewards.com
  • 848.バーバリーアウトレット店舗
  • 2013/12/02 06:45

    卓上タイプのバッグは短命提供されていない 1 つの内で販売のため安い半分。かなりがある女性の周り数十年、賢明な順序によって適度な結論これまでコレクションを生成することができますがそれは重要な良いべきであるキャリアはある資本の古典的な開発者の多くの。人はおそらく喜んでこのファッション デザイナー キャリア風として彼女の起源を示すために準備ができての値を維持するために可能性があります知っています。
    シャネル ピアス http://www.twentymillionmore.org/
  • 849.シャネル ピアス
  • 2013/12/02 06:47

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comatome.blog.fc2.com/tb.php/67-c30887e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。