スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車内で笑いをこらえながら読める文庫本 

笑いをこらえながら読める文庫本

電車内や病院の待ち合いなどで、気軽に読める面白い文庫本をご紹介いただけますか?

「面白い」にもいろいろありますが、ここでは興味深い・学びがあるといった類のものではなく、単純に「こみ上げる笑いを必死にこらえる」系でお願いします。

ジャンルは問いませんが、ブラックは好みません。明るく軽妙なものだと有難いです。
こらえきれずに「プッ!」とやってしまっても、責任はこちらで取ります。

ちなみに、私が上の目的でよく持ち歩くのは、『ボタニカルライフ』(いとうせいこう著)、『牛への道』(宮沢章夫著)、『そのノブは心の扉』(劇団ひとり著)です。何度も読んでいるのでオチはすでにわかっているのですが、それでも笑えます。


なるべく薄くて軽い文庫本だと助かります(持ち運びが楽なので)。

どうぞよろしくお願いします。



1.みりりん 2012年11月26日 15:25
日本語でどづぞ

と言う文庫本。バスや電車で吹き出しの連チャンにならないよう、笑いは噛み殺してお読みください。 (私には笑いをこらえて読むのは無理でしたが)



2.pino 2012年11月26日 15:39
トピ主さんの好みかどうかはわかりませんが

私はぶっちぎりで
浅田次郎「プリズンホテル」(1)~(4)です。
氏のエッセイも笑いを堪えるのに非常に腹筋の力が必要です。
家だと爆笑しすぎて主人が何事かとのぞきにきます。
エッセイの方が薄くて軽いですね。



3.かずちん 2012年11月26日 15:57
隣でチラ見してる人も笑った

投稿モノを集めた本ですが、糸井重里さんの「金のいいまつがい」と三谷幸喜さんの「オンリー・ミー」は最高でした。



4.popo 2012年11月26日 16:12
有名ですが…

奥田英朗さんの「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」が好きです。
主人公の精神科医、伊良部先生のキャラが良い!



5.さつき 2012年11月26日 16:24
言いまつがい

糸井重里さんの「言いまつがい」シリーズです。
一度読んでみてください。



6.ミキ 2012年11月26日 16:26
思いついたままですが。

私がハマったのは伊良部シリーズです。

著者 奥田英朗
・空中ブランコ
・イン・ザ・プール
・町長選挙

著者 荻原浩
・誘拐ラプソディ

面白いですよ。是非



7.ヨクデル 2012年11月26日 16:28
「誰も知らない名言集」と「不詳・宮島 南極観測隊ニ同行ス」

それぞれリリー・フランキーさんと宮島茂樹さんの著書です。
文庫になってます。

基本的にエロオヤジの戯言です。



8.maho 2012年11月26日 17:25
糸井重里さんの『言いまつがい』


病院の待合室で読んで、悶絶しました。



9.ほほほ 2012年11月26日 22:43
清水義範

少々古い本ですが、「国語入試問題必勝法」です!
この人の小説はとにかくおかしく笑えます。是非どうぞ。



10.NANA 2012年11月26日 23:13
楽しいトピですね!

既出ですが、わたしも荻原浩さんの「誘拐ラプソディ」めちゃめちゃお勧めです。
あとは「プリズンホテル」もおすすめです!

出てないところだと、恩田陸さんの「ドミノ」激しく笑えます。
ドミノ倒しのように、さまざまな人とさまざまな事件が絡み合って、
最後はハッピーエンド。

何人かの方が書かれていた「空中ブランコ」わたしも
気になっていたので今度読んでみます!



11.Hottttt 2012年11月27日 0:21
鴨川ホルモー

万城目学(まきめまなぶ)の鴨川ホルモーです。
新幹線で吹き出しました。

笑えます。主人公たちはいたって真面目なのに笑える小説。
めっちゃオススメでっす!



12.ひよひよ 2012年11月27日 0:26
本を読むのが苦手でしたが…

ママチャリさんの『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』!

横書きですが、すっごくくだらなくておもしろいです。
私も不妊治療の診察待ちで一人でニヤニヤしながら読み2,3時間の待ち時間も快適に過ごせました。
何巻もあるのでいいですよ!



13.ひよこ姫 2012年11月27日 1:47
新解さんの謎 by 赤瀬川原平

レビューを読んでみてください。

笑えます!



14.こまどり 2012年11月27日 9:47
記憶スケッチアカデミー

故・ナンシー関氏の「記憶スケッチアカデミー」。
イラストはもちろんつっこみのコメントが秀逸です。

同氏は著作はどれも面白いのですが、ブラックなのも混ざっているので
とりあえず本書を推します。



15.ひまわり 2012年11月27日 14:22
人気No1

薬局をやっていました。
待合室でみなさん笑いをこらえながら読まれていたのは
糸井さんの<金のいいまつがえ>です(銀もあります)
文庫本です。
病気の悩みを一時忘れられる・・・と患者さまにいわれました。



16.momiji 2012年11月28日 16:29
生きるコント

大宮エリーの「生きるコント」をおすすめします。
私はこらえきれずに爆笑しちゃいました。

念のため、五木寛之の「生きるヒント」ではありませんのでお間違いなく(笑)



17.雪だるま 2012年11月28日 16:45
原田宗典!!

私のイチオシは原田宗典のエッセイです。

私も車内で肩震わせて笑いをこらえるのに必死になりました。
面白過ぎて涙が出ます。
腹筋と頬っぺたの筋肉もやられること請け合いです。

是非一読して下さい。



18.あららら 2012年11月28日 18:16
「言いまつがい」はダメでしょ?

あれは、笑いをこらえられません。
私は本屋でパラパラとめくって、笑い死にそうになりました。
電車で読むには危険すぎます。笑。



19.お茶の子祭々 2012年11月28日 18:57
国語入試問題必勝法

ほほほさんと同じ本を、私もお勧めします。
特に、「いろいろあった」はツボです。
大学時代に読んだのですが、今でも思い出して笑っています。



20.yuki 2012年11月28日 20:49
原田宗典さんのエッセイ

既にご存じかと思います。

学生の頃、友人間で流行っていて、「むむむの日々」とか通学の電車内で笑いを堪えて七面相をしながら読んでいました。

読んでいなければ是非。



21.ツチリスト 2012年11月28日 21:23
土屋賢二先生

トピ文から、絶対気に入っていただけるものと考えました。
是非お読みいただきたいです。腹筋の訓練になりますよ。



22.毛布 2012年11月28日 21:31
実録競馬 野次るファン

この本をオススメ!

「実録競馬 野次るファン」
競馬場でのダメダメな関西人たちの一言を集めた本。
本気なんだろうけどバカすぎて、脱力&爆笑。
読みながら「おいっ!」と突っ込みたくなります!

自己嫌悪とかでへこんだとき、ダメな人たちを笑いながら、なんだか励まされます。

競馬を知らなくても全然問題なしで読めますよー。



23.MM 2012年11月28日 23:45
既出ですが・・・

荻原浩『誘拐ラプソディー』はフフフッって感じで読めました。

あとは『死ぬかと思った』シリーズですかね。
文庫で8ぐらいまで出てるのかな?バカバカしくて笑えます。
こちらはフフフッじゃ済まないかも・・・。



24.むひ 2012年11月29日 0:02
穂村弘は危険!

本当はちがうんだ日記。
おすすめですが、おすすめできない。
私、吹きました、山手線で。



25.むん 2012年11月29日 1:18
東海林さだお

東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズなんていいと思います!



新三郎 2012年11月29日 6:29
東海林さだおさんシリーズ

「東京ブチブチ日記」は特にオススメ。
実際に電車で読んで、笑いをこらえるのに必死でした。



27.火曜日は晴。 2012年11月29日 9:11
原田宗典にもう一票!

学生時代、なんど電車でふきだしそうになったか!
彼の作品は一杯ありますが、どれも「ぷぷ~っ!!!」はお約束できます!



28.アメリ 2012年11月29日 12:34
中島らもさん:西方冗土

タイトルの本は、
電車の中で読んでいて、
笑いがこみ上げて、
困りました。

友人に勧めたら、
彼女もそうなったというので間違いないです。



29.トピ主 2012年11月29日 13:26
ありがとうございます

皆様、たくさんのご紹介をありがとうございます。

未読の作家や作品が多く、大変参考になります。
タイトルからしてググッとくるものもあり、どれから読もうかと考えるだけで楽しいですね。

実はちょうど最近、筋トレを始めまして、毎晩自宅で励んでいるのですが、
皆様のおかげで当分、車内でも腹筋が鍛えられそうです。

トピはしばらく開けておきます。
引き続きおつきあいいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。



30.ハリBOX 2012年11月29日 15:04
原田宗典さんに1票!

原田さんのエッセイ一押しです。
エッセイですが短編・長編、どちらも同じ濃さでお腹がよじれます。

いろんなとこで困っちゃってるし、困惑しつつもカワイイ原田さんオススメです!



31.てっちゃん 2012年11月29日 17:27
はたしてこらえきれるかな

リリー・フランキーの「美女と野獣」。
リリー・フランキーの「女子の生きざま」。
実際、通勤電車の中で読んでしまいひどい目に会いました。(どうにも表情のコントロールができず変な人状態に)
腹筋が鍛えられることうけあいです。

文庫版は薄くて軽く、しかも各編数ページ読みきりなので通勤にはうってつけです。



32.kota 2012年11月29日 17:43
動物がお好きなら

絶対、笑えます!
群ようこさんの『トラちゃん』!
ぜひ、どうぞ。



33.ぷーちゃんまま 2012年11月29日 18:33
ザ、万歩計

万城目学の作品は、どれも面白いが、
このエッセイは、面白過ぎて笑いをこらえるのが苦しかった!!



34.ゆいこ 2012年11月29日 18:44
私も東海林さだおさんに一票です!

丸かじりシリーズをはじめとする食べ物や旅のエッセイは面白いですよ!私も通勤途上や旅先で読みますが、ゲリラ的な面白さがあちこちに潜んでて、笑いこらえるのに必死です。



35.ぷよ 2012年11月29日 19:40
群ようこさんに一票

私のお勧めは、「ネコの住所録」「とらちゃん」「トラブルクッキング」「街角小走り日記」です。

「亜細亜ふむふむ紀行」「東洋ごろごろ膝栗毛」などの旅行記も面白いですよ。

大学生の頃はまり、バイト先で休憩中に読んでちょっと変な人になっていました。
まだ出版されてるのか?



36.あんこ 2012年11月29日 21:42
浅田次郎さん

「勇気凛々」シリーズはバカバカしくて笑っちゃうけど、ほろりと来るエッセイです!
産後鬱々としてた時に、購入してよかったです!



37.ペコ 2012年11月29日 23:00
ゲッツ板谷

板谷バカ三代


これにつきる



38.オコジョ 2012年11月30日 0:01
宮田珠己さんの…

『ときどき意味もなくずんずん歩く』
『巨大仏を見に』

偶然本屋で手にし、立ち読みしてみると、込み上げる笑いを抑えるのが大変で、即買いしてしまいました。



39.本好き 2012年11月30日 2:37
ダントツで土屋賢二教授

すでにあがってますが、
私もダントツで土屋賢二教授です。

彼の笑いのセンスは最高です。

あと、中島らも、ゲッツ板谷もおもしろいですね!


40.ひの 2012年11月30日 9:54
やはり…

私も原田宗典さんのエッセイですね
高校生の時、友だちに借りたのを帰りの電車で読んで、大変なことになりました。

しかし最高に大変だったのは、既出ですが、赤瀬川原平さんの「新解さんの謎」です。

これは、もう、笑いこらえて腹筋が鍛えられます。
予備知識なしの友だちに貸したら、怒られました。
電車で読んで死ぬかと思った、と。


41.カッチョいい 2012年11月30日 13:36
私も

原田宗典さんです!
「17歳だった!」から始まって、しばらく原田さんワールドにはまりました。
多感な高校時代のむねのりくんの、トホホで愛すべき日常がとても笑えます!
私は女性ですが、男子って面白いなぁーと、男子が羨ましく思えた一冊でもあります


関連記事

コメント

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comatome.blog.fc2.com/tb.php/43-d4ced5e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。