スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社が倒産寸前です 

会社倒産

勤め先は中小企業なのですが、先日社長から一人ずつ呼び出しがあり

「会社の経営状態が非常に危うい。正直、倒産してもおかしくない。2、3ヶ月先の事もわからない。給料を15%カットするので協力してほしい。給料を15%カットしても会社が持ち堪えられなかったら、次は人員削減とする」と言われました。

私は28歳の正社員で、社内では一番年下で、もちろん給料も一番低いです。

ちなみに独身で実家暮らしです。
社員15名は全員正社員で、契約社員やバイトはいません。

もし人員削減となった場合、私みたいな独身実家暮らしの人間が真っ先に切られますよね?
家庭がある社員は、やはり残されますよね?

今現在、数ヶ月後には切られると分かっているのなら、「自己都合」で退職して早めに転職先を見つけた方が賢いでしょうか?

それとも、倒産まで勤めて「会社都合」で退職するのを待った方がいいでしょうか?


給料15%カットはギリギリ協力できる範囲です。



1.ぷるぷる 2011年10月28日 11:28
待たずに動く

そのような状況なら、退職しても退職金は期待できないし、
むしろ人員が減ることで会社も助かるかもしれません。

退職してからでなく在席しながら職探しをするのはいかがでしょうか。
いつ勧告があるかとドキドキしながらいるよりも、自分の足で動いて、
次のステップに進んだ方が精神的にもスッキリすると思います。

良い仕事先が見つかりますように。



2.nnn 2011年10月28日 11:48
大変ですね

でも人員削減の前に給与カットするなら、まだ良心的な会社かも。
クビを切れば、手っ取り早く経費削減できますから。

さて、主さんが真っ先に・・・という事は、何とも言えません。
会社としては、「役に立たないのに、高給取り」が一番困るからです。
「仕事が出来て、若く可能性が有って、給与が低い人」なら、逆に魅力的です。


もし私が主さんなら、死ぬ気で頑張ります。ピンチをチャンスに変えられるのは、
アイデアと行動力ですから、自分の若さを最大限に生かします。
経営者になったつもりで、新しい商品を開発したり、経費を削ったり、アイデアを
毎日社長にメールしたり、お客様にアンケート取ったり。

もしどうしても、頑張りがいの無い会社で、これ以上業績が上向きになる可能性が低いと言うなら、次の会社を探します。

さて、どうするかは主さんの力量次第です。



3.烏丸 2011年10月28日 12:06
おちついて

>もし人員削減となった場合、私みたいな独身実家暮らしの人間が真っ先に切られますよね?

多分社歴や年齢、その会社への貢献度にもよると思うが、その可能性はある。
逆に考えれば、家庭のある人や年齢の高い人は、通常は若い独身者より賃金がかかるし、
経営側もこの先養っていくことができないから、むしろ真っ先に切られるって考え方もできる。
ケースバイケース。先入観や思いこみで行動を決めてはいけない。


>数ヶ月後には切られると分かっているのなら、「自己都合」で退職して早めに転職先を見つけた方が賢いでしょうか?それとも、倒産まで勤めて「会社都

合」で退職するのを待った方がいいでしょうか?

正確に言うなら、会社都合で切られるのを待ちながら、今すぐ陰でしたたかに転職活動して、
失業期間なく次の会社に移るのが正解。もしくは、会社都合で切られるのを待ちながら、すぐ
さま失業保険をもらって食いつなぎ、その間に転職活動をして次の会社へ。

自己都合退職は退職金割り増しなどのメリットあるんですか?
倒産なら履歴書に傷はつきませんし、自己都合は失業保険出るのに4ヶ月かかりますよ。



4.市井無頼の通りすがり 2011年10月28日 12:15
在職しながらハローワークへ

自己都合退職ですと失業保険の給付が手続きしてから3ヵ月後(支給は4ヶ月目から)
になりますが、倒産や会社都合なら即対象(支給は一月後)となります。

ゆえに3ヶ月以内にリストラや倒産が予想されるなら待った方が得です。
その間給料も入りますし、転職活動にも余裕を持って取り組めます。



5.イジワル 2011年10月28日 12:29
社長と話し合いかな

その会社の仕事は好きですか?
続けられるなら続けたい?

社長と話し合いをしてみては?
会社都合で退職させてもらって、もし持ち直したらまた雇ってくださいって。

あとは在職中に有給を貰って転職活動させてもらうとか。

失業保険はあっという間に給付期間が終わってしまうので、出来たら退職前に次の仕事を探したほうが良いと思いますよ。



でも、会社が持ち直すと良いね。



6.ももかん 2011年10月28日 12:32
大変ですね。

ただ、自己都合での退社だと失業保険が出るまで時間がかかりますよ。

失業保険は3か月分でます。
その間に何とか次の就職先を探すしかないです。


あ、まだ倒産してないんですよね。
だったら日ごろの業務を頑張って会社を復活させましょう。



7.バベル 2011年10月28日 13:00
レスします

たいへんなようですが、トピさんは 28歳 独身 実家 暮らしはいいですね。
私は一人でアパート暮らしで無職になったことがありました・・・
まず自分からは絶対にやめないこと。
在職したまま職探しをしましょう。

今の仕事は楽しいですか?転職するとしたら同じ業界希望?

私は同じ業界で今3社目、少しずつですが、給料もあがりました。
仕事に役立つ勉強も平行して行いながら、社外にアンテナはりまぐらしましょう。
私は昔の会社の上司の口利きで今の会社に入れました。



8.ササロン 2011年10月28日 13:08
辞めちゃ駄目

辞めちゃ駄目、失業保険の受け取り期間に作用します。
すぐ拾ってくれる当てが無いなら、あくまでも会社都合で。
早期退社で退職金増えるなら天秤にかけて判断してください。



9.おっとっと 2011年10月28日 13:21
勤務しながら、就職活動

社会人になったら、それが当然です。勤務できる間は勤務を続け、就職活動しましょう。



10.んちゃ 2011年10月28日 14:04
居れるまで居座る!

とりあえず、次の仕事探しでもしたらどうですか?
次が決まったら辞めればいいし、
決まる前にクビとなっても「会社都合」だから、
失業保険にも履歴書などに書く退職理由にも影響が違うと思います



11.はるか 2011年10月28日 14:43
とにかく転職活動をしましょう

恐ろしい事態ですね…でも他人事とは思えません。。。
あなたが真っ先に切られるかどうかはわかりませんが、どちらにしても早く転職先を見つけたほうがよいと思います。

かといって、このご時勢、次の就職先のあてもなく退職するのは非常に危険です。
大変だとは思いますが、今のお仕事を続けながら、並行して転職活動を行い、
就職先が決まり次第退職する、というのが理想的ではないでしょうか。


というか、倒産まで勤めて「会社都合」で退職することに何かメリットがありますか??

会社がこのまま何とか2、3年持ちこたえて、それでもやっぱり倒産、
となってしまったとき、あなたは30歳超。今より就職の条件は悪くなりますよ。

早めに逃げる算段をつけたほうがよいです。


12.ほるた 2011年10月28日 14:50
給料をもらいながら転職活動をする、です

状況によらず、転職を考えるのであれば
辞めてからじゃ遅すぎます。

次を決めてから辞める。転職の鉄則です。



13.困りましたね 2011年10月28日 15:04
私の夫の場合

去年の今頃そういう話が出て、翌月倒産しました。
その月の給料は未払いのままです。

一週間の待機で失業保険の給付が始まったので自己都合で退職して3か月
(90日でしたっけ?あいまいですみません)待つことに比べると
給与の全額とはいきませんでしたが生活のめどは立てやすかったですね。
とはいえ貯金の持ち出しはしましたし、就労年数によってはあっという間に
受給期間満了を迎えるかもしれません。

いま籍をおいたままで再就職先を探すことを勧めます。



14.トピ主 2011年10月28日 17:52
トピ主です

皆様、ありがとうございます。
社会人になってから会社が倒産寸前となった状況が初めてなので、知識不足で困っておりました。

回答の中に、「社長と相談して会社都合で退職させてもらう」というものがありましたが、
一般的な基準としましては、そういったことが可能なのでしょうか。

土日祝日休みなので、転職活動を平日にこなすことは難しいのですが、土日祝日休みでも働きながら転職活動ができるものでしょうか?

企業の面接など、平日に行うものだという認識です。
どうすれば上手く動けるのでしょうか?



15.みんと 2011年10月28日 18:09
昨年同じような状況でした。

違うのは、会社は人員削減はしないと言い切っていたことですが。

私は給料10%カットでしたが、一人暮らしだったため非常に厳しく、
しかし結果から言うと、私は倒産まで勤めました。
人間関係や給与以外の環境が良かったためです。

良心的な会社だったのか、退職金(数十万ですが)や
最後の給料も貰え、失業保険もすぐ給付され、
当面生活に支障はなかったのですが、再就職に非常に苦労し
五ヶ月間無職でした。
在職中に転職活動をしておけばよかったです。

そういったことを考えると、人員削減の恐怖に怯えるくらいなら
転職活動をしつつ、勤め続けることが得策かと思います。
会社都合だと失業保険はすぐ出るものの、退職金や給与は
倒産の場合アテにできないこともあるでしょうし。

次が決まったら自己都合で辞めちゃいましょう!
失業保険は使わないつもりで!



16.烏丸 2011年10月28日 21:38
いやいやそこを頑張って

>土日祝日休みでも働きながら転職活動ができるものでしょうか?

トピ主さんの言い分だったら転職している人、皆、
今の職場を辞めてから就職活動をしている理屈になる。

平日でも、携帯や家に帰った後のPCで求人サイト見て仕事探しや応募はできるし、「在職中なので」と話せば、面接の時間を定時以降にしてくれる会社も

多い。面接に行くのも、適当に理由をつけて有給取るなり早退するなり定時ダッシュするなり、いくらでも方法はある。

そういう臨機応変に機転を利かして動くのも、社会人の必須スキル。
みんなそうやって、人目に知られぬよう必死で転職活動しているんですけど。

>「社長と相談して会社都合で退職させてもらう」

できると思うけど社長の腹ひとつかなー。
会社都合の退職にするのってあまりいい顔されないし、まあ倒産するなら関係ないか。

2、3ヶ月先に職を失うかもしれないのに、そんな追い詰められた状況でまだ
「転職活動は平日ムリ」とか言ってるのんきぶりに驚いたよ。脅すわけじゃないけど、今、空前の不景気で求人も少ないから、3ヶ月全部使っても短すぎる

くらいだよ。

がんばって。



17.mari 2011年10月28日 22:32
土曜日や平日遅くでも窓口はあります

ご存知だったらすみません。
すべてのハローワークではないですが、土曜日や平日~19:00まで受け付けてくれるところがあります。

インターネットでも、全ての求人ではないですがある程度の情報を見ることもできます。
そこで受けたい会社を見つけたら、平日遅く(もしくは土曜日)に面接してもらえないか、交渉するんです。無理なら半休を取らせてもらえばいいのです。


先行き不透明な世の中です、明日は我が身だと思っています。
いきなり無職は精神的にも経済的にもしんどいです。

今の会社で最大限努力しつつ、自分の未来を確保するのも大切です。



18.いっくん 2011年10月29日 7:33
神が与え賜うた転機です。

一般的には、幹部を除いて、社員には知らされずに、会社は突然倒産するものですが、
その危機がわかっているのは幸せなことです。
まだ若いのですから、できる限りチャンスを活かすことです。

転職にもやり方があります。履歴書や職務経歴書のブラッシュアップの仕方も重要です。

土日に面接はできませんが、アフターファイブに面接してくれるところもあります。
在職中に、ご縁のある会社を探してください。

辞めるのは転職後です。
世間の一般常識で、したたかにとか、モラルとか考える必要はまったくありません。

但し、業務に差し支えのないように活動してください。



19.むぽ 2011年10月29日 18:18
自己都合退職はやめましょう

賃金カットにより引き下げ前と比較して85%未満になった場合は
自ら会社を退職しても自己都合ではなく会社都合になります。

ジゼルさんの場合は15%なのでカット額を四捨五入で切り上げる形でないと
該当しないので微妙ですね。
会社都合になると失業保険の給付制限解除だけでなく給付率も違いますし
国民健康保険の軽減措置も受けられます。

賃金カット前後の給与額で会社都合になるか労働局や職安に問い合わせれば
ジゼルさんが該当するか教えて頂けると思いますよ。
ですが、ご自分から退職されるより転職活動をしながら解雇に備えるのが
一番でしょう。
解雇や倒産と自己都合では今後転職活動をするうえで企業に与える印象も
違ってきますよ。
今は大変でしょうが感情に流されず頑張ってくださいね。



20.赤 2011年10月29日 20:47
経営者は時には敵

15%もの減給を呑んではいけない。絶対に!

会社の経営状況に従業員は責任を負う必要は無い。
責任を負わせる会社など、ろくな物ではない。
給与の削減に応じるという事は、社長に金を無償でくれてやるものだと思って欲しい。



21.パチンコ好き 2011年10月30日 0:01
役に立たないレスだけど良いですか

同規模の会社の倒産経験があります。
サッサともらうもんもらって辞めて、次決めたような人もいましたね。
私は最後まで残りました。お金に困っていなかったし、職務を全うしたかったから。

きちんと説明してくれた社長は良心的だと思います。
でも個別に話があったということなので、鵜呑みにはしない方が良いでしょうね。
倒産前ってヘンなヤツ中心に色々な人が入り込んでくるし、皆、疑心暗鬼になったりで、精神的にけっこうやられました。

倒産経験者として言えることは、結果的にどの道選ぶことが最善なのかは、フタをあけてみないと分からないってことですかね。



22.採用担当者 2011年10月30日 15:03
働きながら転職活動を

企業で採用担当をしています。

まず、真っ先に避けるべきは「履歴書に空白を作らないこと」だと思ってください。
職歴にブランクがあると、どんな理由であれ「懸念事項」としてネガティブに評価されるケースが非常に多いです。

まずは社長に相談して「転職活動を始めます」と明言し、平日の活動時間を捻出するべきだと思います。

転職に成功する方は皆さんは、どうにか時間を捻出して希望の会社を見つけていますよ。
泥船会社に引きづられて、一緒に沈んでしまわないように。

一時期の不景気より、少しづつ転職マーケットも戻ってきています。
転職活動、頑張ってください!


関連記事

コメント

コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comatome.blog.fc2.com/tb.php/30-f51557bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。